低用量ピル服用で性行為による望まぬ妊娠被害を避ける

男女が性行為をも含めたお付き合いをする場合、子供を作ることを避けたいのであれば、正しい避妊対策を取らなければ、女性は妊娠してしまう可能性が少なからずあります。子供を持つ意思がないのにもかかわらず妊娠してしまった場合、様々な面で被害を被るのは、男性ではなく女性本人です。そのまま子供を産む決心をするにせよ、妊娠以降は今までと同じような生活は営めなくなってしまうし、産まない決心をすれば、中絶手術によって心と身体には大きな被害を受けることとなります。子供を持つということは、女性に取っては命がけの大仕事でもあるので、すべてにおいて十分に準備が整ってこそ挑むのが最適で、ひいては母子ともに健康で出産を終えられることにもつながるのです。その為にも、男性と性行為を行う習慣のある女性は、低用量ピルを服用し、自身の身体をしっかりとコントロールできるような状態に整えておくべきです。低用量ピルを服用することによって、飲み忘れさえなければ、高い確率で妊娠を回避することができ、自分の意思と反する事態に陥ってしまう被害を避けられます。しかし低用量ピルの服用によって避妊は出来ても、性感染症の予防はできないので、この両者を同じ次元で考えるべきではありません。男女間で性行為を行う以上、望まぬ妊娠と性病をしっかりと回避することは当然のことで、女性がピルを服用しているからといって、コンドーム装着なしで性交渉を持てば、体液から感染することは容易に想像できます。望まない妊娠をすることと、深刻な性病に感染してしまうことは、どちらも同じくらい女性の身体には悪影響を及ぼすと言え、性病は将来の不妊にもつながる危険性も高まるので、ピルを飲んでいるからといって安心してはいけません。