胃潰瘍の時低用量ピルは飲んでもいい?おりものへの影響

避妊目的や生理痛の軽減、子宮内膜症や卵巣嚢腫の治療のために使われる低用量ピルは安全性の高い薬で、風邪薬と一緒に飲んでも問題なく効果を発揮します。 しかし、時には併用してはいけない薬もあり、ほかのホルモン剤と併用したり、抗生物質と併用する場合は必ず医師に低用量ピルを服用中である旨を伝える必要があります。他のホルモン剤や抗生物質との併用で効果が増強したり減弱したりする場合があるからです。 では、胃潰瘍のときは低用量ピルは服用しても大丈夫なのでしょうか。 胃潰瘍でも医師と相談し、様子を見ながら低用量ピルの服用を続けることは可能です。しかし、胃潰瘍が重度である場合はいったんピルの服用を中止し、胃潰瘍の治療に専念したほうがよい場合もあるので、勝手な判断をせず必ず医師の診断を仰ぎましょう。 低用量ピルを服用すると生理痛の軽減や月経血の軽減など生理に関していろいろな変化が現れますが、生理以外にもおりものにも変化が現れます。 おりものは通常、女性の生理周期によるホルモンバランスの変化に合わせて性状が変化します。排卵期以外の妊娠しにくい時期には、白く濁った、べたっとしたおりものが出やすく、下着について乾くと黄色っぽく固まります。排卵期になると卵の白身のような、どろっとしたおりものがでやすくなり、この時期の性交では妊娠の可能性が高くなります。 これが、低用量ピルを服用すると、ホルモンバランスの変化に伴う変化がなくなるため、常に一定のおりものとなります。ピルの服用で排卵がなくなるため、どろっとしたおりものが出にくくなるのですが、排卵期以外のべたっとしたおりものも量がへり、おりものが多い体質の人にはうれしい効果といえます。