若年性更年期障害の緩和に低用量ピルが活用されている

「ピル」というと避妊薬のイメージが強いと思いますが、最近の主流である低用量ピルは避妊薬としてだけではなく、ホルモンバランスを整える必要のある病気への安全な治療薬としても活用されています。 本来ならば40歳代後半で発生する顔のほてりや発汗、精神的に不安定になる様々な症状を更年期障害と呼んでいますが、更年期障害の症状が40歳代以前の年齢で発生してしまう若年性更年期障害の原因になっているのがホルモンバランスの乱れです。 この若年性更年期障害の有効な治療法として低用量ピルが活用されています。 低用量ピルの主成分は女性ホルモンで、女性ホルモンを補うことで、若年性更年期障害の症状が緩和されていきます。 若年性更年期障害の診断と低用量ピルの処方には産婦人科医の診察が必要になります。 また、低用量ピルは安全に利用ができるとはいえホルモンを使用している薬の為、治療の際は定期的に産婦人科医の受診が必要になります。 もちろん、低用量ピルは避妊薬でもあるので、ピルで若年性更年期障害の治療を行っていく場合は副作用というわけではありませんが妊娠ができなくなります。 そのため、妊娠・出産を希望する方への治療に低用量ピルは利用できず、他の方法での治療になります。 ピルを利用しなくてもホルモンバランスを整えたり、若年性更年期障害の症状を抑える方法は他にもあります。 更年期は誰にでも発生してくるものです。若年性更年期障害は人より早く症状が出て来ただけ、と言えるでしょう。 年輩の方だと、今の症状に理解を示してくれる方も多いです。 深刻に考えるストレスが症状を悪化させることもあるので、産婦人科で定期的に診察を受けて、症状と仲良く付き合っていけると良いと思います。