まんがで読破を読書の水先案内で利用する

まんがで読破シリーズの作品は文学作品の水先案内として利用すると、読書力に幅をつけることができます。

まんがで読破の人気度が上昇しています。

海外の作品や自分が先行している専門外の作品に出合うと、理解が鈍る場合があります。
普段必要としない知識であっても、理解を深めたい分野は誰にでもあります。それは娯楽としては非常に高い知識を養うことができます。


映像化された作品の原作を読むと、作品への理解が非常にはかどることがあるからです。

まんがで読破には長い作品を要約的にまとめた非常に優れたタイトルもあり、漫画を読んだのちに原作にも触れることができれば、作品への理解をさらに深めることができます。

古典作品を読み進めることが困難な点は、文章表現や口語体が現在と異なっていることが多く、旧仮名遣いなどの古い表現に理解が及ばないことなどがあげられます。文章での表現があいまいな部分が漫画になると非常にストレートに表現されることが多く、原作への敷居がわずかなりとも下げることができます。


原作の面白さ異常に漫画にはストーリーと絵のマッチングが重要になります。
原作の面白さを弾き出すのはキャラクターデザインによるところも大きく、このイメージ作りが原作を読む際の大きな助けにもなります。



まんがで読破シリーズに収録された作品には優れた画力の漫画家が多数採用されており、物語の世界観づくりに非常に貢献しています。

漫画で作品の概要を知ることができたら、さらに原作を読み進めて作品への理解をさらに深めることができるようになります。



これからの電子書籍

興味はあっても難しくて読みにくく感じてしまう名作文学、まんがで読破は誰もがどこかでタイトルを聞いたことがある、1度は読んでおくべく優れた名著を完全漫画化したコミック文庫シリーズです。累計発行部数は350万部以上、漫画化した作品は130作を超えています。...

more

電子書籍の納得の知識

まんがで読破は累計350万部を超える、誰もがどこかでタイトルを1度は聞いたことがある名作文学を完全漫画化したコミック文庫シリーズです。気軽に持ち歩ける文庫サイズなので、場所を選ばずいつでもどこでも気軽にサクッと読めるのです。...

more

大事な電子書籍の事

昔から書物には難解なものもあるため、つい後回しにしたり、億劫になったりして、積ん読(つんどく)ということになりがちでした。専門書がその筆頭格ですが、専門書でなくても、哲学、宗教、経営学などにもそのようなところがあります。...

more

学ぼう電子書籍の事

古典的作品の多くは読まれなくなって久しいものがたくさんあり、名作と呼ばれる作品であっても読まれる機会が少なくなっているのが現実です。誰もが知っている有名な作品でも実際に再読してみると多くの部分を忘れていたり、読み返すことで新しい発見をすることも多々あります。...

more